栄養と健康

健康な体に必要な栄養の種類と働き

健康的な毎日をおくるためには、色々な栄養をバランスよくシッカリ摂取することが大切です。テレビ番組のコマーシャルで「○○を食べて痩せた」や「△△のサプリメントを摂取して健康だ」など広告していますが、その多くが誇大広告として消費者庁からの行政処分を受けています。しかし、食品には、様々な成分が含まれており、全く効果が期待できないとは否定できません。健康食品は、「食品」に分類されており体質や体調を医学的に証明されているものではなく、成果が出るまでには時間がかかるという点を念頭に使用しなければなりません。健康の中でも特にダイエットを目的とした健康食品が目立ちますが、理想の体型を目指す為には、適正な栄養と適度な運動が非常に重要です。その為にもバランス良くシッカリ摂取することが重要で、プラス、ジョギングやウォーキング、あるいは水泳などの運動を取り入れていくと、よりその効果も高く健康的な体になると思われます。

健康な体にするために正しい栄養知識が重要

私たちは、「健康で長生き」をしたいと強く望んでおり、今も昔も関心が強い内容です。その為、健康や長寿を目的とした成分が凝縮された商品が販売されています。ある特定の食品の成分に注目し商品化したもので体質改善が期待できるフレーズで広告しています。しかし、「健康食品」は、あくまでも食品に分類され医薬品と違って効果が科学的(医学的)に効果が証明されたものではなく、体質や体調を改善する目的ではありません。その為、人によって効果にバラツキがあります。体質改善などを目的にサプリメントを服用する際には、効能や成分を知識として身につけることが非常に重要です。

健康に必要な5つ栄養(脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)

大きく分けて、骨や肉など身体を作る成分、エネルギーなど身体を動かす成分、体の調子を整える成分の3つに分類することができます。脂質糖質タンパク質ビタミンミネラルは、いづれかに分類されます。この中でも、糖質、脂質、タンパク質においては、3大栄養素といい私たちが健康的な体となる為に非常に重要です。しかし、体が必要とする量以上に摂取することは、体内に蓄積され肥満や体調不良の原因になります。健康的で理想的な体型にする為には、身体をしっかりと動かしていくためには、必要不可欠のものであり、上手に摂取することで、痩せやすい身体にすることができます。肥満は健康の大敵という風潮もあり、どうしてもダイエットが重要になってきますが、やはりしっかり知識を得ることが重要になります。

サプリメントで栄養を補うのではなく、食事から栄養を補給

私たちが健康的に毎日の生活をおくるためには、様々な栄養が必要になります。不足しがちなものは、サプリメントとして販売されており食品以外からも摂取が可能になってきました。その為、食事からではなくサプリメントを中心に摂取している人がいます。確かに小さなタブレットに必要な栄養が含まれており便利ですが、食事には、食事の時間で家族団らんなどコミュニケーションをとる場でもあります。そして、そして、温かい食事は熱を体内に取り入れ、よく咀嚼する事で顎を発達させ、唾液の分泌で消化器を活発化をします。ですので食事というのは非常に大切な時間であると考えています。この様な考え方は、食育でも提唱されており昭和40年代の食スタイルが注目されています。詳しくは、「食育」を参照してください。

サプリメントは、非常に簡便でありますが、その簡便さゆえ過剰摂取(過剰症)に注意が必要です。サプリメントの多くは、ビタミンやミネラルさらには特定の成分を抽出し濃縮したもので、非常に小さい粒に豊富に含まれています。また、その形状から非常に簡単に摂取する事ができ、用量や方法を正しく守らない人が多いです。そもそもサプリメントを愛用する人は、健康意識が高い人であり、日頃から色々なサプリメントを服用している事が多いです。さらに、テレビなどのコマーシャルでは、ある特定の成分を摂取する事で体質や体調が改善されたという利用者の感想を放送し、その効果が非常にある事を強調しています。ですので、利用者は、特定成分を摂取する事が健康的になれる、確実な効果を期待するがために少なめより、多めに摂取する傾向があります。これの様な状態が長期間続くと過剰症となり、逆に健康を害する事があります。塩でも砂糖でも摂取しなければ私たちは生きる事ができません。しかく、多く摂りすぎれば糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因にもなります。ですので、サプリメントを摂取する際には用量・用法を守るようにしてください。ビタミンやミネラルの過剰症は、「ビタミン過剰症」、「ミネラル過剰症」を参照してください。

栄養と健康について

私たちは毎日食事をして生きていますが、「食べ物」によって含まれる栄養の種類や量はちがっています。おいしいもの、好きなものを食べたいのは当然ですが、は健康の面から「栄養」ということを考えてみます。

生活習慣病と食事

生活習慣病には糖尿病や循環器病などがあり、以前は成人病と呼ばれていました。その名のとおり、健康によくない生活、たとえば「暴飲暴食、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒」などが原因で、特に毎日の食生活が大きく関係してきます。

健康的な体と肥満やダイエット

肥満は、単に体重が多いからということではなく、脂肪の量が多いかどうかで決まります。注意しておきたいのは、生活習慣病の原因となり、体重増加による膝などの関節や腰、背骨に大きな負担をかける原因になることです。健康的な生活を送るためにも適正範囲の体重になる様に努力しましょう。

次は、「栄養と食生活」について説明します。