栄養状態の推移(栄養の歴史) 栄養状態の推移、栄養の歴史

栄養状態の推移(栄養の歴史)

栄養学という学問が確立したのは近代ですが、栄養と健康の関係については古くから言われ続けており、古くはメソポタミア文明まで遡ります。ここでは、近代の栄養学と歴史について紹介したいと思います。あまり栄養学とは関係ないですが参考までに見ていただければ幸いです。

縄文・弥生・古墳時代における栄養摂取状況

今から1万3000年から2300年前には、日本国土に人がいたと考えられております。縄文時代には、主に木の実を主食にしていたが、狩猟などもしており火を使った調理(焼く、焙る、煮る)などの料理もしていたと推定しております。縄文時代の後の弥生時代には、大陸より稲が伝来し、本格的な水田稲作が始まったと言われています。ここで日本人の基本であるコメを主食とする植物型食体型が確立されたと言われています。さらに、そのあとの古墳時代には、牛が大陸から入ってきたが食用にされる事はなかった。

飛鳥・奈良・平安時代にける栄養摂取状況

7世紀はじめには、乳製品や油が大陸より入り、奈良・平安の貴族もたしなんだが、食用家畜を持たない日本では長続きしなかった。この頃の歴史の書物の中には、「醍醐」という言葉が出てきます。「醍醐」は、当時精製された牛酪(バター)を指していますが、美味を表す「醍醐味」の語源でもあります。当時日本は、隋や唐との国交が開かれ、各種の文化が輸入され支配階層は唐風を取り入れようとしましたが、仏教の伝来は鳥獣肉類の食用を禁じ、一般に質素であった。平安時代中期に入ると遣唐使は廃止され、上流階級の食生活は豪華になり和風文化を形成してきた。このころに日本料理の基本形が形成されたとも言われております。

戦国時代における栄養摂取状況

時代はかわり戦国時代に突入をし、12世紀末には武家政治が始まりました。武家は質素倹約を旨とし、玄米を主食としながら武芸に励み、一方で狩りで得た鳥獣肉類を摂取する機会が多かった。また、禅宗風の精進料理が取り入れられ今日の和食が完成したり、茶道も始まったのもこの時代である。そして、16世紀半ば過ぎには、武家による全国統一が実現すると南蛮貿易が盛んになり、それまで国内に無かった食品や調理法が輸入された。上流武家の生活に茶の湯の文化が定着し、これに伴い懐石料理が発達した。富裕な商人の食生活は豊かでいたが、一般の武士や農民は逼迫し、食文化も窮屈なものであったと考えられます。

江戸時代における栄養摂取状況

17世紀江戸時代には、大名や武家の食生活は質素なものであった。しかし、有力町民の経済力は向上するのに従い、食生活は贅沢なものとなり上級武士にも波及をした。一般農民は、厳しい倹約のもとにおかれ、雑穀を食べることが推奨され食生活の実態は厳しいものであった。

明治時代における栄養摂取状況

武家中心の社会から、明治時代にかわり、食生活も大きく変化をした。今まで鳥獣肉類は積極的に食べていなかったが、肉食は文明開化のシンボルとしてもてはやされてきました。しかし、これは一部の富裕層であり、大半を占める農民には、非常に困窮した生活であった。しかし、徐々にすすんだ社会構造の近代化は、国民の健康管理の実施や食生活の改善を要求された。明治時代以前では、コメよりムギや雑穀を主食としてきたが一般庶民がコメを常食とするようになり、動物性食品の摂取量が徐々に増えてきた。当時の食生活は、動物性タンパク質が少なく体格も非常に小さいものであった事がわかっています。さらに、ビタミン類が欠乏しており、ビタミンの欠乏症や伝染性疾患に弱く結核による死亡がおおかった。また、慢性的なビタミン不足にコメ食の普及により脚気が流行していたのも特徴であります。

戦後から昭和30年代における栄養摂取状況

明治時代以降、日本人の体格の変化は、食生活の改善もあり徐々に改善されてきた。しまし、第二次世界大戦後は大きく変化をした。戦後直後はハイパーインフレーションが起き食糧難の時代もあったが、朝鮮戦争勃発後とくに日本の経済成長は著しく、国民の食生活も大幅に改善された。戦争で極端に低下した体位も急速に改善され、昭和30年代には戦前の最高レベルに戻った。この背景には、昭和23年より始まった学校給食の役割も忘れてはならない。

昭和40年代から現在における栄養摂取状況

昭和40年当時、日本の食料自給率は現在のイギリス並みの73%でした。当時の食事内容と現在とを比べてみると、国内で自給できる米を食べる量が減り、代わって飼料や原料を輸入に頼らざるを得ない畜産物(肉・卵)や油脂の消費が増えてきたことがわかります。また、1人暮らしの増加に伴うコンビニやスーパーの無休・24時間化などが、外食や持ち帰り弁当などのいわゆる“中食(なかしょく)”、インスタント食品の普及を進めました。食べたいものがいつでも手に入る…便利で豊かな食生活も、行き過ぎるとさまざまな問題を引き起こします。店舗の無休・24時間化は、過剰な食料在庫や、年間約1900万トンうち、家庭からは1070万トン(国民1人あたり84kg)もの食料廃棄を生んでいます。また、国民の健康にも影響は及んでいます。昭和55年頃の日本の食生活は、米・野菜・果実などの多様な副食から構成され、栄養バランスの点で理想的と評価されていました。しかし、減少してきた米の消費量がさらに減り、畜産物や油脂の消費量が増えた結果、私たちの食生活は肥満や生活習慣病につながりやすいものになっています。栄養バランスの改善や食べ残し・廃棄の減少など日頃の食生活について、見直してみませんか?