口腔における消化の仕組み口腔における消化の仕組み

口腔における消化の仕組み

口腔(咀嚼と唾液)による消化

口腔内における消化は、咀嚼、唾液の分泌の2種類があり、飲食で摂取した食品はここで最初の消化を行われる。咀嚼は、飲食物を歯によって噛み砕き唾液と混合して飲み込める状態にする。唾液の分泌は、唾液中に含まれる消化酵素α-アミラーゼ(プチアリン)によるデンプンの化学的な消化が行われます。唾液は、主に耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つの分泌腺から、1日1.0~1.5リットル分泌される。耳下腺より分泌される唾液線にはα-アミラーゼが含まれている。
口腔による消化
食物の粉砕および唾液の混合によって、唾液α-アミラーゼが作用しやすくなり、食物中の糖質のうち、デンプン、グリコーゲンなどの多糖類が分解される。それらは、デキストリンと一部マルトースになる。しかし、実際には口腔内では、食物の滞留時間が短いので、その作用はわずかである。唾液は、消化作用のほかに、口腔粘膜をぬらして食物がなめらかに食道に入っていけるようにしたり、舌の動きをなめらかにする働きもある。また、唾液は、歯や口腔内の衛生保持、殺菌、解毒などの作用も持っている。唾液の分泌は、主に自律神経(特に副交感神経)によりコントロールされており、延髄にある唾液分泌中枢(唾液核)の働きで反射的に行われている。たとえば、食事を見たり、食事の事を思い出すと唾液が出てしまうのはこの反射によるものです。腔での