/>
胃の消化の仕組み胃の消化の仕組み

胃の消化の仕組み

胃の構造

はみぞおちの左側、左の肋骨で囲まれたあたりにあります。空腹時は小さくなっていますが、食べものが入ってくると風船のように大きくなります。胃の働きはおもに、たんぱく質の消化と食物とともに侵入してくるバクテリアをを殺菌することです。
胃の消化(胃の構造)
口から入った食品は、約1分後には胃袋に落ち着きます。胃壁には、飲食物が入るとセンサーがあり胃の壁から胃液が放出し、胃壁は消化活動をはじめます。消化にかかる時間は、一般的な食品で2時間程度といわれております。また、消化しづらい肉類や繊維の多い食品でもで3~4時間の滞留で小腸へ送り出されます。空腹時の胃は非常に小さく握りこぶし程度の大きさです。しかし、食品が入ると胃壁は膨張をし、最大で1.4L程度の容積までになります。胃の入り口には墳門という弁がついていて、食物が逆流するのを防いでいます。胃の天井はドーム型になっていて、飲み込んだ空気や炭酸がここにたまり、口に逆流したのがげっぷです。食物と胃液をよく混ぜるためには、胃は15秒~20秒に1回、うねうねとぜん動運動を数十回繰り返します。この運動のため、胃はタテ、横、斜めと3層構造の筋肉で覆われているのです。やがて分解されてドロドロの粥状になった食物は、幽門と呼ばれる出口に向かいます。

胃内にでの大き仕事、タンパク質の分解と殺菌

食べすぎや飲みすぎると胃はムカムカし、酸っぱい感じのゲップを出すことがあります。これは、胃の中で分泌される胃酸がゲップと一緒に口まで出てきたものです。胃酸は強い酸性を持ち、食べた食品を分解する力があります。また食物とともに侵入してきた細菌や微生物を抹殺してくれます。ちなみに酸性にされた食物は、胃袋から出ていく直前に粘液により小腸などに影響がないよう中和して消化した食品を送り出します。

胃壁から分泌される胃酸とpH

胃内のpHは、常に一定というわけではなく、食事や時間によってその酸性度が変化します。食前の空腹時には、pH1~2という非常に強酸です。食事をとると pHは上昇をしpH4~5 になり蛋白質、脂肪、炭水化物を適切に消化します。胃内部のpHは次第に低くなり、食後2~3時間でまた空腹時程度のpHに戻ります。また、胃ではpHが2~3であった内容物が十二指腸では中性(pH7)になります。

強酸にも耐えられる胃壁は頑丈な六層構造

非常に強酸を分泌する胃であるが、この様な過酷な状況でも耐えれるように胃壁は作られています。胃壁は約5ミリという薄さに6つの層があります。まず、外側は腹膜の一部となっていて、次にぜん動運動をする筋肉層があります。そしてたくさんの神経や血管が走る粘膜下層、粘膜筋板があり、もっとも内側にあるのが胃粘膜です。胃粘膜の表面は、さらに薄い粘膜に覆われていて、胃壁を塩酸からガードしています。このボディガードである粘液の分泌はうまい具合にできていて、食物信号が届くと胃液と同時に出てきます。この様に胃壁は非常に頑丈なつくりをしています。また、胃の粘液は水を通しますが、たんぱく質を溶かすペプシンは通さないので、胃壁までペプシンが到達することはないのです。また胃粘膜の一部は強いアルカリ性になっていて、塩酸が胃壁に近づいてもただちに中和される仕組みになっています。

胃内における消化仕組(説明)

胃内では、胃の蠕動運動tp胃液の分泌による消化が行われます。消化は、すなわち①.胃壁が波うって動く蠕動運動によって、口から摂取した飲食物を胃液と混合させ粥状にする。②.食物胃内に留め胃壁の拡張・収縮によって、少しづつ十二指腸へ送ります。この間、胃内では、口腔で分泌された唾液アミラーゼによるデンプン質の糖化(胃中のpHが酸性なので15~30分間作用がある)、リパーゼによる脂質の分解(少量しかおきない)、タンパク質の消化、胃液中の塩酸(HCl)による飲食物の殺菌などが行われる。胃液は塩酸(HCl)、ペプシノーゲンの混合物でありい日あたり1.5~2.0リットルを分泌している。

胃内における消化と塩酸(HCl)の作用

HClの生理作用は、①タンパク質を膨化させる。(変性させる)。 ②ペプシノーゲンをHClによりペプシンとして活性化させる。 ③胃内のペプシンが作用しやすい酸性の環境にするために胃酸を分泌をする。 ④胃内の殺菌、微生物の増殖抑制 ⑤胆汁や膵液の分泌を促す作用などがあります。

胃内における消化と胃液の分泌

胃液の分泌は、食物を見る、嗅ぐ、思うといった刺激や、実際に食べ物を食べたときの味や物理的な刺激を受けて起きる。また、食物が胃の中に入り、胃が拡張するなどによる機械的な刺激やガストリンという消化ホルモンによっても胃液の分泌が促される作用がある。ガストリンは、胃内にはいってきた食物によって中和される事やタンパク質(その消化物)そのものが刺激をし胃酸を分泌される。胃内容物がpH2以下になると胃液の分泌は抑制される事がわかっている。さらに、酸性に傾いた胃内容物が十二指腸に入ると、セクレチンやコレシストキニンといった消化ホルモンの分泌を刺激する。これら消化ホルモンと消化液の分泌の関係は以下の図の通りである。

ホルモン名   胃ペプシン分泌 胃酸分泌  膵臓
酵素分泌 
膵臓
HCO3 
胆嚢収縮 
ガストリン  + +++ + ± ±
 セクレチン + --- ± +++ ±
 コレシストキニン
パンクレオザイミン
+ + + ± +++