ミネラルの過剰症と欠乏症ミネラルの過剰症と欠乏症

ミネラルの過剰症と欠乏症

ミネラルとは、ビタミンと同様で人間が生きていくうえで必要な『5大栄養素』の栄養素の1つで、糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質・ビタミンと並ぶ栄養素で微量ではあるがなくてはならない『微量必須栄養素』です。ミネラルは英語で鉱物、つまり金属元素なので元素記号で表される『無機質』です。以前は、ミネラルとは食品を焼くとその中に含まれている無機質の大部分が灰として残るので『灰分』とも呼ばれていました。かなり昔ですが、私が学生のころもこのことは習いました。体を元素まで分解すると、炭素(c)水素(H)酸素(O)窒素(N)の4つで全体の96%が出来ています。そして、ミネラルは残りの4%の元素の総称で人間の重要な構成成分なのです。

ミネラルの過剰症

ミネラルは体内に存在する水素・炭素・窒素・酸素以外の元素の総称であり、ミネラルの中でも特に欠かすことのできない必須ミネラルは16種類あり、必須ミネラルの中でも必須構成7元素と、その他必須微量元素の2種類に分けることができます。主な役割は食物の消化吸収、老廃物の排泄、エネルギーの生産など、酵素の働きを助けることです。人間のカラダの機能を維持するためにもミネラルは欠かすことができません。ミネラルは体内で作ることができないため、食物などから摂取する必要がありますが、食事が偏ると当然摂れるミネラルも偏ってしまいます。ミネラルはビタミンなど他の栄養素と比べても相互のバランスを取り合っていることが多いので、欠乏症や過剰症が起きやすくなっています。それぞれのミネラルの過剰過剰摂取について説明しています。

ミネラル過剰症における健康へのリスク

多くのミネラルの中で過剰摂取していると思われるのは、特にナトリウムや塩素です。ナトリウムは塩素との結合が強く塩として自然界に多く存在していおります。そして、この塩は多くの食品に含まれておりツイツイ多く摂取してしまうミネラルでもあります。食塩を多く摂取する事で高血圧のリスクが高くなるといわれています。これは食塩の中に含まれているナトリウムが高血圧を引き起こす原因だといわれています、ですので高血圧が心配な方は食塩を制限する事をおすすめしています。また、同じミネラルの中でカリウムという成分があります。このカリウムは、野菜や果物に多く含まれていますが高ナトリウム性を持ち塩分を多く摂取している方や高血圧が心配な方は多く摂取する事をおすすめします。

ミネラルの栄養と欠乏症

ミネラルが欠乏していると感じている人は少ないと思いますが、国民栄養調査の結果を見ますと個人差がありますがミネラルが欠乏している人が多いと感じます。ミネラルとは体内では合成する事ができない微量栄養素です。その大部分は無機質であり食品から摂取しなければなりません。ここでは、ミネラルの欠乏症について一覧表形式で紹介しています。

ミネラル過剰症における健康へのリスク

多くのミネラルの中で欠乏していると思われるのは、特に鉄分とカルシウムです。カルシウム不足による骨粗しょう症や、鉄分不足による貧血はメジャーな病気になってきたと思われます。これは、偏食、不規則な食生活などの現代の食事情もありますが、そもそも日本は土壌にミネラルが少ないと言われ、そこで育つ農作物も当然ミネラルが少ない事も背景にあります。ミネラルが欠乏したままの生活を続けますと体にさまざまな悪影響が表れます。ミネラル不足により、貧血(鉄分)、味覚障害(亜鉛)、骨密度の低下(カルシウム、マグネシウム、リン)、循環器疾患(カリウム)などがあります。これらの疾患は、欠乏するとスグに発症するのではなく、体内に貯蔵されているミネラルを動員させ調節をしますが、体内にある貯蔵が枯渇した時に発症をいたします。特に成長期などにはミネラルを多く必要としますので注意して摂取する事をおすすめします。

ミネラルの栄養と欠乏症

ミネラル名称
一日所要量
過剰症
欠乏症
男性
女性
カルシウム
(Ca)
骨を作り上げ、一方で神経系、筋肉系の働きを司るミネラル
700mg
600mg

(妊婦)900~1100mg
マグネシウム欠乏症(1日3g以上摂取を長期に渡り摂取した場合)高カルシウム血症など
過剰症情報
骨粗しょう症、不眠、イライラなど
欠乏症情報
リン
(P)
骨を作るだけでなく、広く体内に分布し、エネルギーの発生をはじめ、体の代謝を支えるミネラル
特になし 特になし カルシウムの吸収阻害
過剰症情報
副甲状腺機能亢進症
欠乏症情報
カリウム
(K)
主として細胞内液中に分布して、Naとともに大切な物質交換を営みエネルギー発生にも関与するミネラル
2000mg 2000mg (腎に異常がある場合)不整脈、血圧低下、心拍停止など
過剰症情報
便秘、心臓発作、腎不全など
欠乏症情報
硫黄
(S)
含硫アミノ酸として大切な働きをするミネラル
10~12
mg
9~10
mg
特になし
過剰症情報
皮膚炎、しみ、毛髪や爪の発育阻害
欠乏症情報
塩素
(Cl)
胃液の塩酸生成を行うミネラル
特になし 特になし 特になし
過剰症情報
食欲不振、消化不良、栄養素の吸収阻害
欠乏症情報
ナトリウム
(Na)
組織間液中で浸透圧の維持を行うミネラル
10g以下 10g以下 高血圧、胃がんの促進
過剰症情報
倦怠感、食欲不振、嘔吐、筋肉痛、意識障害
欠乏症情報
マグネシウム
(Mg)
各種酵素作用の活性化を行い、神経系にもぜひ必要なミネラル
280~320
mg
240~260
mg
腎機能が正常であれば排泄できるので問題ない
過剰症情報
けいれん、しびれ、めまい、記憶障害
欠乏症情報

(Fe)
h ヘモグロビンやミオグロビンとなり体の組織へ酵素を補給するミネラル
10
mg
12mg 嘔吐、下痢、ショック症状など
過剰症情報
貧血、無力感、食欲不振など
欠乏症情報
ヨウ素
(I)
甲状腺ホルモンの成分で体の代謝を支えるミネラル
150μg 150μg 甲状腺腫、甲状腺機能障害など
過剰症情報
甲状腺腫など
欠乏症情報
マンガン
(Mn)
骨や体の組織の正しい機能を維持するミネラル
4.0mg 3.5mg 運動失調、パーキンソン病など
過剰症情報
骨の異常、成長障害、妊娠障害など
欠乏症情報

(Cu)
鉄の働きを助けるミネラル
1.8mg 1.6mg ウィルソン病(銅の蓄積による肝、脳の機能、形態学的変化)
過剰症情報
毛や皮膚の脱色、貧血、骨折、骨の変形、抵抗力低下など
欠乏症情報
コバルト
(Co)
B12の成分となるミネラル
特になし 特になし 特になし
過剰症情報
悪性貧血
欠乏症情報
亜鉛
(Zu)
Mgとともに最も多く酵素の働きに参加し、成長、健康の維持に大切なミネラル
10~12
mg
9~10
mg
頭痛、吐き気、貧血(2g以上摂取した場合)急性中毒
過剰症情報
発育不良、性機能の低下、味覚障害など
欠乏症情報
モリブデン
(Mo)
炭水化物と脂質の代謝に必要なミネラル
30μg 25μg 銅欠乏症、脱毛症、貧血など
過剰症情報
痛風、貧血など(基本的には不足しない)
欠乏症情報
クローム
(Cr)
糖および脂質代謝に必要なミネラル
35μg
30μg
腎機能異常、呼吸障害
過剰症情報
糖尿、高コレステロール血症、動脈硬化など
欠乏症情報
セレニウム
(Se)
(セレンとも称する)
40~60
μg
40~50
μg
肌荒れ、脱毛、胃腸障害、嘔吐、ツメの変化
過剰症情報
心筋障害
欠乏症情報