疾病(病気)における栄養と食生活 健康のための栄養と食生活

疾病(病気)における栄養と食生活

日本人の食生活は、国民栄養調査などの統計情報によると栄養的には優れているが、個々の栄養状態について調べてみると個人差が激しく多様化している状況であるといえます。日常の食生活が偏った状態が続けば、体に必要な栄養素に過不足が発生して、過剰症や欠乏症が起きやすいといえます。また、高齢者によくみられる疾病と食生活について注目されています。

栄養素の不足(栄養素の欠乏症と疾病)

栄養素の欠乏は、第一世界大戦の頃にドイツでみられた発育期の栄養欠乏症を契機として、低栄養と疾患の関係に医学的な注目が集りました。また、日本国内では、昭和初期に離乳期の乳児にみられた穀粉栄養失調症などもありました。穀粉栄養失調症は、重湯(おもゆ)を離乳期に与えた事により、タンパク質や一部のビタミン類が欠乏して起きた欠乏症だったことが後にわかりました。また、日本では敗戦後、食糧の配給量は極度に低下し慢性的な食糧不足を起こした。この時に国民は、なんとか自分たちの食糧を確保し飢餓に耐えた。昭和24年に行われた国民栄養調査によるとエネルギー摂取量は既に2000キロ・カロリーを超えていた。しかし、その一方タンパク質は65gで必要量を満たしていたが、その大半が植物由来のタンパク質であり、動物性のタンパク質はわずか14g程度であった。その後、日本は高度経済成長により食糧事情も改善し、摂取する栄養も改善されてきた。

エネルギーやタンパク質の欠乏症には、発症する年齢により症状も様々であります。軽度の栄養素の欠乏症は、若者では体格の発育遅延が起こります。また、高度の欠乏症では飢餓、マラスムスクワシオルコルなどになる。高齢者における欠乏症は、胃腸の機能低下などを起こします。エネルギーが不足すれば飢餓感が起こります。

ビタミンやミネラルの欠乏

栄養学がしっかりと確立されておらず欠乏症とその原因がわからない時は、ビタミン欠乏ミネラル欠乏などの微量栄養素の欠乏を不治の病と呼んでいた事もあります。特に江戸時代中期以降にみられた「江戸患い」が有名である。これは、ビタミンB1が欠乏する脚気という疾患であるが、当時の江戸の町では白米食が流行していたが、ビタミンb1欠乏により発症、江戸から遠ざかると白米食が少なくなり自然に治ったという事から呼ばれていました。しかし、現代の食生活でも無理なダイエットや偏食により摂取する栄養素に偏りが生じビタミンB1欠乏症カルシウム欠乏症に注意が必要です。

食生活の偏りにより起きる疾病

食生活偏りによる貧血

貧血の原因は色々とありますが、体内の鉄分が欠乏して起きる欠乏症を鉄欠乏性貧血といいます。特に鉄欠乏性貧血は、思春期から閉経するまでの女性が多く、生理による失血が大きな原因であると思われます。鉄欠乏性貧血は、出生時の貯蔵鉄不足や急性や慢性による失血によるものが多いのが特徴です。鉄の摂取不足や成長による鉄需要の増大が、食事で摂取する鉄分とのバランスが崩れる事で起きるものです。ですので食事を見直す事で貧血の症状が改善される事も多いです。

食生活偏りによる肥満

日本で肥満が話題になりはじめたのは、1970年頃からです。これは、高度経済成長と共に食生活が改善され、必要としている栄養素より多い量を慢性的に摂取し続けた事によるものです。以前の肥満体型は、非常に栄養状態がいい、健康的なイメージが強くプラスのイメージでありましたが、肥満による生活習慣病などの疾病に対するリスクが指摘されると一気にマイナスなイメージが強くなりました。

食生活偏りによる糖尿病

糖尿病には、大きく分けてⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病にわける事ができます。Ⅰ型糖尿病は、インスリン依存型糖尿病といわれインスリンの分泌が極度に低下をしインスリンを投与しなければ糖代謝をコントロールができない病気です。Ⅱ型糖尿病は、成人の場合は肥満で誘発される生活習慣病です。普通インスリンを必要とせず、食事療法でコントロールしますが1回発症した糖尿病を治す事は非常に難しい病気でもあります。

悪性新生物(ガン)、心疾患、脳血管疾患

日本人の死因は、戦前は結核、肺炎、胃腸炎が上位をしめていました。昭和30年過ぎから脳卒中、がん、心臓病が上位を占め、現在もこの3疾病が死亡原因であります。戦前から数十年の間で死亡原因の疾病が大きく変わった原因には食生活が大きく関与しているとは推察できるが、食生活と疾病の因果関係を突き止める事には困難な事が多い。 (参考) がんについて

食生活の改善と疾病の予防

乱れた食生活がスグに特定の疾病の原因になる事は少ないと考えております。食生活が原因の疾病は、ある特定の栄養素が過剰もしくは欠乏の状態が慢性的な状態が続き過剰症、欠乏症が出始め、さらに放置する事で重症化する事が多いです。一般的な疾病予防と健康増進に関する注意点を当時の厚生省(厚生労働省)がまとめています。

続いて「加齢と栄養と食生活」について説明します。