口腔、胃、小腸、大腸、消化器での消化口腔、胃、小腸、大腸、消化器での消化

口腔、胃、小腸、大腸、消化器での消化

口腔による消化

口腔での消化は、歯による咀嚼により食事から摂取した食品を粉砕しながら、唾液腺から分泌される唾液(アミラーゼ)をよく混合させて、食道に送り込みます。咀嚼により全ての食品を胃腸で消化しやすい大きさにしながら、デンプンを分解する消化酵素アミラーゼをよく混ぜ合わせています。アミラーゼには、デンプンを糖化する力をもっており甘酒も同じ要領で作られています。

胃による消化

口腔で所尺された飲食物は、食道を通り胃に運ばれます。胃で食べた飲食物を一旦ため置きする働きがあります。ここでも胃の筋肉による蠕動運動による機械的(物理的)な消化と同時に胃粘膜より胃液が分泌されます。この胃液は非常に強い酸性であり、この胃酸が過剰に分泌されると胸焼けや胃もたれを起こします。また、油っぽい食品を摂取したに起きる胸焼けも、油が胃の中で長時間滞留する特性があり滞留中、胃は胃酸を分泌し続ける為に起きるものです。

小腸による消化

物理的な消化の大半は胃で終え、小腸、大腸では化学的な消化を行っています。ここでは様々な消化液(消化酵素)が分泌されます。その中でも膵液は強い消化能力を持ち、ほとんどの食品を消化分解する力を持ちます。それだけ膵臓から分泌される膵液は強力であり膵液が間違って消化管以外に漏れ出すと自身の細胞まで溶かしてしまうので外科的な手術をする際には注意が必要です。膵液以外にも胆汁から出る胆汁や腸液などがあります。また、最終的な消化でも膜消化も腸で行われています。

大腸による消化

大腸による消化は、ほとんどありませんが、大腸で行われる消化について説明をしたいと思います。