栄養の吸収栄養の吸収

栄養の吸収

栄養吸収について説明しています。ヒトは、生命の維持の為に口から様々な食品を摂取します。摂取した食品はそのまま体内に取り込まれる訳ではなく、消化管で様々な消化液と混合し分解をして小さいレベルにしている。この一連のプロセスを消化といい、この消化で異種のタンパク質を取り込んでも拒絶反応が無い様にしたり、効率的に栄養を取り込むようにしている。この消化のプロセスが終わった吸収ができる小さなレベルとなった栄養を小腸から体内に取り込み、様々な臓器で利用をし生命の維持に活用をする・ここでは、栄養吸収するプロセスについて説明します。

栄養素と吸収の仕組み

私たちヒトが生命活動を維持する為には、食事などから必要な栄養素を摂取する事が必要です。食事は、口で咀嚼し唾液腺から分泌されるアミラーゼと混じり合いながら胃に入り、胃では胃酸と胃の蠕動運動で物理的、化学的な消化しやすい形にされていきます。さらに栄養素は、小腸から吸収され血管に入り血流にのり肝臓へ送られます。肝臓は内臓最大の臓器であり、二つの重要な役割を持っています。一つは小腸で吸収された栄養分のうちブドウ糖をグリコーゲンに変えたり、血液中のタンパク質であるアルブミンをつくるという栄養に関する役割です。

栄養素の吸収

栄養素の吸収方法には受動拡散、能動輸送、促進拡散の3種があり、これらはすべて吸収上皮細胞の刷子縁(微絨毛と終末網構)で行われる。受動拡散はエネルギー非依存性で濃度勾配に従って行われ、輸送担体(carrier protein)を必要としない。促進拡散も濃度勾配に従って栄養素の吸収や移動が行われるが、輸送担体が必要である。能動輸送はエネルギー依存性で栄養素の輸送は拡散とは逆方向にのみ行われるので、濃度勾配に逆らった方向に進む。つまり膜表面に存在するNa+/K+依存性ポンプと輸送担体タンパクが結合し、ポンプの作用によりNaイオンが細胞内に取り込まれる際に栄養素をNaイオンとともに細胞内に取り込むシステムである。グルコースの吸収がその代表的なものである。

栄養の吸収に関するキーワード

栄養の吸収は、どこでおこなわれるのか?

消化された栄養素の大部分は、小腸で吸収されます。一部栄養素は、胃や大腸でも吸収されますが、その量はわずかです。ここでは、小腸における消化のメカニズムについて説明をしたいと思います。

栄養の吸収は、どのような仕組でおこなわれるのか?

v胃腸で消化された栄養素を吸収するメカニズムは、膜消化と吸収で行われます。ここでは、栄養素を吸収する構造や各種栄養素の吸収について詳しく解説をしています。

栄養の吸収

消化され細かいレベルになった各栄養素を実際に吸収するメカニズムについて説明をしています。ここでは、糖質、タンパク質、脂肪、ビタミン等の吸収について詳しく説明をしています。

栄養の吸収は、どのような経路で行われるか?

吸収された栄養素がどのようにして体内に循環をし利用されるかを説明しています。栄養素の種類によって蓄積される臓器も異なり、その栄養素が利用される部位も異なります。