消化器の種類と役割機能消化器の種類と役割機能

消化器による機械的消化と消化液よる化学的消化

消化とは、食物を食べたとき、その中に含まれている種々の栄養を体内に吸収できるものまで分解することです。そして、いらないものを肛門から体の外に糞便として排出することも消化です。これは、吸収することができる形に、より小さなコンポーネントに食べ物を分解する機械的および化学的です。消化は異化の一形態であります。 哺乳類では、食べ物が口に入ると、唾液腺からの唾液中の化学物質と化学処理の開始と、歯で噛んだりしている。それは酸が最も汚染微生物を殺すの両方胃、中に食道の下に移動し、開始メカニカルいくつかの食品(タンパク質の例:変性)、およびいくつかの化学変化を分解。いくつかの時間(通常はヒトの1〜2時間、イヌで4-6時間、家の猫でやや短い期間)の後、結果は、大腸を通じて、小腸を通過し、排便中に排泄される事を言います。

消化器の構造

消化器は、食物を体内に摂取し、貯蔵と消化、消化された食物からの栄養素の吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官の集まりをいいます。消化器における主要な器官は、口腔、消毒、胃、小腸、大腸、直腸などからなる消化管とこれらの働きをコントロールする消化腺や付属腺、さらに歯や肝臓などの付属器も含まています。

消化器系には、口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸)、直腸、肛門にいたる消化管からなります。

消化液とは、消化を円滑に行う為に消化管からは、消化液を分泌しています。唾液(唾液腺)、胃液(胃腺)、膵液(膵臓)、胆汁(肝臓)、腸液(腸線)などがあります。





二種類の消化「機械的消化」と「化学的消化」

機械的消化とは

食物を細かく砕き、これに消化液を混ぜ、次第に下方の消化管に移動させることです。左の動画は、小腸の動きです。食道、胃を通ってきた食べ物が、小腸でさらに細かくなり、栄養分が吸収され、大腸に送られます。機械的消化の方法には、蠕動運動分節運動振り子運動の3つがあります。右の運動は、3つの動きがまじりあったものです。

化学的消化

消化酵素によって、食べ物のでんぷん、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されます。消化酵素として、アミラーゼ、ペプシン、マルターゼ、リパーゼ、トリプシノーゲン、サッカラーゼ、ラクターゼ、エレプシンなどがあります。

消化器官と消化酵素の一覧

取した飲食物は、口から肛門にいたる全長8~10m(身長の5~6倍)ほどの筋肉からなる長い1本の消化管の中を通過しながら消化されて、栄養分が吸収されます。消化管の中には、1日に約8リットルもの大量もの消化液が分泌される。消化・吸収に要する時間、すなわち飲食物を摂取してから排泄されるまでの時間は24時間から72時間となっている。この通過時間は滞胃時間に依存をし、脂肪が多いと時間は長くなる。
消化液 栄養 消化酵素 消化前の物質 (基質) 消化後の物質 (生成物)
唾液 糖質 αアミラーゼ デンプン(多糖) α-限界デキストリン(多糖)
マルトリオース(三糖) ・ 麦芽糖(二糖)
胃液 たんぱく質 ペプシン たんぱく質
ポリペプチド
トリペプチド
脂質 リパーゼ トリグリセリド グリセリン ・ 脂肪酸
十二指腸液 糖質 アミラーゼ デンプン(多糖) α-限界デキストリン(多糖)
マルトリオース(三糖) ・ 麦芽糖(二糖)
たんぱく質 カルボキシプロテアーゼA たんぱく質
ポリペプチド
C末端から酸性、中性アミノ酸を切断
  (C末端がLys,Arg,Pro,Gly以外)
カルボキシプロテアーゼB たんぱく質
・ ポリペプチド
C末端からLys、Argを切断
キモトリプシン たんぱく質
ポリペプチド
オリゴペプチド
トリプシン たんぱく質
ポリペプチド
オリゴペプチド
エンテロキナーゼ トリプシノーゲン トリプシン
プロエラスターゼ エラスチン 脂肪族アミノ酸と繋がっている結合を切断
脂質 リパーゼ トリグリセリド モノグリセリド ・ 脂肪酸
ホスホリパーゼA2 リン脂質 脂肪酸 ・ リゾリン脂質
コリパーゼ 脂肪滴 脂肪滴にリパーゼを結合
α-限界デキストリナーゼ コレステロールエステル コレステロール
その他 リボヌクレアーゼ RNA ヌレオクチド
デオキシリボヌクレアーゼ DNA ヌレオクチド
腸液 糖質 α-限界デキストリナーゼ α-限界デキストリン(多糖) ブドウ糖(単糖)
イソマルターゼ イソマルトース(三糖) ブドウ糖(単糖)
マルターゼ マルトリオース(三糖)
麦芽糖(二糖)
ブドウ糖(単糖)
スクラーゼ ショ糖(二糖) ブドウ糖(単糖) ・ 果糖(単糖)
ラクターゼ 乳糖(二糖) ブドウ糖(単糖) ・ ガラクトース(単糖)
たんぱく質 ジペプチダーゼ ジペプチド アミノ酸2分子
アミノペプチダーゼ ポリペプチド N端からアミノ酸を切断
エンテロキナーゼ トリプシノーゲン トリプシン
ヌクレアーゼ 核酸 五炭糖 ・ 塩基

消化壁の構造

消化管壁は、3つの層からできている。消化管の内側から粘膜、筋層、漿膜(外膜)に分けられる。粘膜層は、消化液、粘液を分泌する腺が多く存在している。常にぬるぬるとして潤っており、食物が通過しやすく、固形物が消化管を傷をつけない構造となっている。消化管のいたる部分に消化液を分泌する分泌腺がみられるが、食道には消化液の分泌腺はみられない。 一方、消化壁の構造 筋層は、消化管の運動を受けもつ。筋肉の壁の内側には自律神経系が走り、消化液の分泌や消化運動をコントロールしている。胃の筋層は消化管の中でも一番発達をしている。

消化の仕組みと消化器における消化のメカニズム

消化の仕組み

消化とは、ある意味においてタンパク質などの高分子化合物がもつ生物の種特性をなくすことでもある。ヒトが異種のタンパク質などそのまま取り入れてもアレルギーを起こす。これを無くす為にも一度、消化管で細かな単位に分解しヒトの体の中へ取り入れられる形に変えてから吸収をしています。

消化器による消化

ヒトの体の消化管は、様々な臓器から成り立っており、その各臓器の働きは違っています。口から入れた食事を効率よく分解して吸収するために物理的な消化と化学的な消化を行います。