成長(加齢)とともにかわる必要栄養素 成長(加齢)とともにかわる必要栄養素

成長(加齢)とともにかわる必要栄養素

ヒトは生まれて、年月と伴に成長をし、そして老いていきます。ここでは、各ステージにおける栄養の役割と注意点について説明をしたいと思います。加齢という事は、狭い意味で老化あるいは、成人以降の身体変化をさす言葉でもあります。ここでは、出産から老後までの広い範囲で説明をしたいと思います。人生の中で最も栄養を必要とするのは小学生から高校生にかけての成長期で、この時期は多くの栄養素を成人並みに摂取する必要があります。このため、栄養欠乏を起こしやすい時期でもあり、適切な栄養補給が特に大切です。

成長期に必要な栄養素と特徴

成長期は、必要とされるエネルギーや栄養素の量が増大しているため、様々な栄養素の欠乏症になりやすい時期と言えます。栄養不足の状態では正常な発育に障害がでるとともに、感染症に対する抵抗力も低下してしまいます。また、子供たちは解毒のメカニズムが十分に発達していないので、汚染物質や毒素、食品添加物などにも敏感に反応してしまうともいわれています。さらに、昨今の子供で増えている、アレルギー、注意欠陥多動性障害、自閉症、生活習慣病には、栄養素のアンバランスが関わっている可能性があります。

成長期に必要な栄養素

成長期は必要とされるエネルギーや栄養素の量が増大しているため、欠乏症になりやすい時期と言えます。栄養不足の状態では正常な発育に障害がでるとともに、感染症に対する抵抗力も低下してしまいます。また、子供たちは解毒のメカニズムが十分に発達していないので、汚染物質や毒素、食品添加物などにも敏感に反応してしまうともいわれています。さらに、昨今の子供で増えている、アレルギー、注意欠陥多動性障害、自閉症、生活習慣病には、栄養素のアンバランスが関わっている可能性があります。成長期に特に必要な栄養素は次の通りで、12~14歳の推奨量は成人とほぼ同じ量に設定されています。

成長期の栄養補給で注意すべきこと

栄養素の過剰摂取と肥満

小児を対象とした試験が行われることは少ないため、資料は十分ではありませんが一般に子供は成人よりもビタミンの毒性に敏感に反応するといわれています。 そのため、12歳以下の子供に対しては過剰症への注意が大切です。特に、ミネラルや脂溶性のビタミンをサプリメントで摂取させる際には、各年齢の上限量とサプリメントの配合量を必ず確認してください。

偏食・欠食による痩せ発育障害

近年では、家庭の事情で子供の個食(孤食)が増え、同時に、加工食品、ファーストフードの利用が増加したことで、栄養バランスの極端な偏りが発生しています。また、夜型生活の影響で朝になってもお腹が空かず、朝食を食べずに学校に向かう「朝食の欠食」が増えており、平成21年の国民健康・栄養調査では、14歳以下の子供の約6%が朝食を欠いているとの調査結果が出ています。

各年齢における栄養について

離乳期、幼児期の栄養

出産後、赤ちゃんの栄養は、母乳もしくは、粉ミルクで与えます。母乳やミルクはタンパク質を豊富に含み、著しく成長する赤ちゃんにはバランスの良い栄養であります。また、母乳は、タンパク質以外にも免疫物質なども与える事ができ、お乳が出るお母さんは母乳で与える事が好ましいと言われています。また、母乳で与える事で、お母さんと赤ちゃんとのスキンシップもできます。

学童期、思春期の栄養

学童期は、特に骨格などが成長する時期であり、この時期の成長が、その人の体格を決める事がおおいです。非常に食べ盛りで十分の栄養を与えたい所ですが、最近では受験勉強や偏食などにより、十分な栄養が確保できてないのも現実です。なるべく家族で食事をして、一家団欒ですごす時間を作りながら、しっかり食事をするようにしたいですね。

成人期の栄養

成人期の栄養は、乳幼児期や学童期などとは違い、著しく成長するわけでもなく、運動量もそこそこあるので特別栄養に注意する事をしなくても病気になるリスクは低い。但し、好き嫌いのある食事を続ける事で、生活習慣病になるリスクは高く、特にアルコール、脂質、塩分の過剰摂取には気を付けたいです。

高齢期の栄養

医療技術の進歩、食生活の改善などにより日本人の寿命は長くなった一方、高齢化社会が社会的な問題となっています。これは、日本だけの問題ではなく、先進国をはじめとする各国でも同様な問題が起きています。高齢者は、運動量は少なく、食欲もそんな多くはなく、非常に少ない食事で生命を維持する為の栄養素をしっかり補ってください。


次のページでは「生活のリズムと栄養と食生活」に説明しています。